1. ホーム
  2. 健康ニュース
  3. ≫ がん検診、受診時間ない47% 怖い36%、内閣府世論調査

がん検診、受診時間ない47% 怖い36%、内閣府世論調査

2013/03/16 17:12 【共同通信】

gankenshin 内閣府は16日、がん対策に関する世論調査結果を発表した。日本のがん検診の受診率が20~30%程度と低い現状を踏まえ、検診を受けない理由を複数回答で聞くと、「受ける時間がないから」(47・4%)、「がんだと分かるのが怖いから」(36・2%)との回答が上位を占めた。

 また、がん治療などのため2週間に1度程度通院しながら働く環境が日本社会で整っているか尋ねたところ、仕事との両立は不可能との回答が68・9%で可能の26・1%を大きく上回った。

 厚生労働省の担当者は「調査結果をがん検診の受診率を上げる方策に生かしたい」と話している。

がん検診

wikipediaより

がん検診(がんけんしん)とは、がんの症状がない人々において、存在が知られていないがんを見つけようとする検診である。がん検診は多くの健康な人々に対して行うものであるから、比較的安価で、安全で、体をあまり侵襲しない、偽りの陽性の割合が許容範囲内のものでなければならない。もし、がん検診でがんの徴候が見つかれば、がんの診断を確実なものにするために、引き続いてもっと確実でより侵襲的な検査が行われる。