1. ホーム
  2. 健康ニュース
  3. ≫ はやり目、28都道府県で患者増-宮崎で警報値超過、関東でも感染拡大

はやり目、28都道府県で患者増-宮崎で警報値超過、関東でも感染拡大

 感染力が強く、罹患した児童などが出席停止の対象となる流行性角結膜炎(はやり目)の患者数が28都道府県で増えていることが13日、国立感染症研究所がまとめた9月28日から10月4日までの週の患者報告で分かった。宮崎県では県全体の平均値が警報レベルを超過。関東地方でも患者が増加傾向で、千葉県は「過去4年の同時期と比較し多く、今後の流行状況に注意が必要」としている。【新井哉】

 9月28日から10月4日までの週の全国の患者報告数は、眼科定点医療機関当たり1.09人で前週に比べて30%増えた。都道府県別では、宮崎が最も多く8.33人。以下は熊本(7.56人)、鳥取(6.0人)、福岡(3.15人)、長崎(2.75人)、山口(2.56人)、鹿児島(2.29人)、群馬(1.86人)、茨城(1.41人)、島根(1.33人)などの順だった。

 宮崎県では前週に比べて2.5倍に急増し、警報レベルの8.0人を超過した。同県は「例年同時期の定点当たり平均値の約3.4倍」と指摘。年齢別の割合は、5歳未満と30歳代(共に26%)が最も高かった。

 関東地方でも患者が増えている。埼玉県では熊谷(4.0人)と朝霞(3.25人)の保健所管内からの報告が多く、同県は「前年同時期よりも多い状態が続いている」と説明。東京都の中央区(7.0人)と葛飾区(6.0人)、千葉県の野田市(4.0人)、神奈川県の相模原市(3.75人)、群馬県の前橋市(6.33人)などでも多かった。

 流行性角結膜炎は、主にアデノウイルスによって起きる急性の結膜炎。感染力が強く、患者との接触や、汚染されたタオルや洗面器に触れるなどして感染し、まぶたの浮腫や耳前リンパ節の腫脹といった症状が出るという。学校保健安全法施行規則では、予防対象の感染症の一つとして指定されている。

 主に手を介して感染が広がることから、患者が増加傾向の自治体では、手で目をこすらないことに加え、手やタオルで目をふかず、ティッシュペーパーなどを使用することを促している。