1. ホーム
  2. 健康ニュース
  3. ≫ デング熱患者、昨年同期の1.5倍-すでに80人、感染研まとめ

デング熱患者、昨年同期の1.5倍-すでに80人、感染研まとめ

 デング熱の今月10日までの今年の患者報告数が昨年の同期を上回っていることが、国立感染症研究所の集計で分かった。昨年同期は累計で54人だったが、今年はすでに1.5倍の80人に達している。都道府県別では東京が最多で、新宿区は今月に入り、蚊に刺された後に高熱や関節痛などが見られる場合、早めに医療機関を受診するよう改めて注意を呼び掛けている。【丸山紀一朗】

 デング熱をめぐっては昨年8月、約70年ぶりに海外渡航歴のない人の感染が確認された。その後、都内を中心に報告が相次ぎ、国内感染例は162人に上ったほか、国外感染例の179人も合わせると計341人の感染が報告された。

 感染研の集計によると、今月10日までの今年の報告数は80人で、すべて国外感染例となっている。都道府県別では東京が最多の23人。以下は、神奈川(11人)、愛知と大阪(共に5人)、埼玉と岐阜、京都(いずれも4人)、千葉と長野(共に3人)などの順だった。

 デング熱は例年8-9月に患者が増加し、昨年も国内感染例の8割が9月に診断されている。感染研の担当者は、今年の国外感染患者の推定感染地はインドネシアやフィリピン、マレーシアなどが多いとし、「世界的にも流行している」と注意を促している。