1. ホーム
  2. 健康ニュース
  3. ≫ ノロなど感染性胃腸炎、関東全域で増加-神奈川県が食中毒警報発令も

ノロなど感染性胃腸炎、関東全域で増加-神奈川県が食中毒警報発令も

 ノロウイルスなどの感染によって嘔吐や下痢といった症状を伴う感染性胃腸炎の患者報告数が関東の全都県で増えていることが、各都県がまとめた10月26日から11月1日までの週の患者報告で分かった。感染の拡大に伴い、警戒を強める動きも出てきており、神奈川県は2日、県内全域に「ノロウイルス食中毒警戒情報」を発令。手洗いの徹底や食材の加熱などを求めている。【新井哉】

■東京で2週連続増、約6割が5歳以下

 10月26日から11月1日までの週の小児科定点医療機関当たりの患者報告数は、茨城県で前週比29%増の4.87人、神奈川県で26%増の4.87人、群馬県で19%増の4.72人、東京都で14%増の5.22人、千葉県で8%増の3.59人、栃木県で7%増の2.17人、埼玉県で3%増の4.3人となった。

 都内では2週連続で患者数が増加。年齢別では、5歳以下が全体の6割近くを占めた。保健所別では、江東区(10.11人)や大田区(10.08人)、台東(9.25人)、八王子市(8.73人)、中央区(8.0人)などで多かった。

 このほか、茨城県のひたちなか(12.2人)と竜ヶ崎(11.67人)、つくば(10.0人)、群馬県の高崎市(11.11人)と桐生(8.8人)、神奈川県の厚木(7.91人)と鎌倉(7.33人)、埼玉県の川口(7.0人)、千葉県の松戸(7.56人)などの保健所管内でも多かった。

■汚れた手で二次感染、カキなど二枚貝に注意

 ノロウイルスを原因とする食中毒にも注意が必要だ。神奈川県は、感染性胃腸炎の患者数が増えていることを踏まえ、県内全域に「ノロウイルス食中毒警戒情報」を発令し、消費者や食品取り扱い営業者に食中毒予防の注意喚起を行っている。

 県は、ノロウイルスが急性胃腸炎を起し、下痢や嘔吐、発熱などの症状が出ることや、感染者の便や嘔吐物に多量のノロウイルスが含まれ、汚れた手などを介して食品を汚染する二次感染も食中毒の原因となることを指摘。「抵抗力の弱い乳幼児や高齢者では重篤な症状になることがある」としている。

 予防のポイントとして、▽帰宅後やトイレの後、調理・食事前には、せっけんを使って手を洗う▽まな板など調理器具を十分洗浄し、熱湯や台所用漂白剤で消毒する▽嘔吐物や排泄物などの処理をする場合は直接手を触れない―ことなどを挙げている。

 また、「カキなど二枚貝が感染源になることがある」として、二枚貝を取り扱う際は十分注意し、中心部まで加熱調理(80-90度で90秒以上)して食べるよう求めている。