1. ホーム
  2. 健康ニュース
  3. ≫ マイコプラズマ肺炎、首都圏で流行の兆し-3都県で増加、千葉で4倍に

マイコプラズマ肺炎、首都圏で流行の兆し-3都県で増加、千葉で4倍に

 乾いたせきや発熱などの症状が出る「マイコプラズマ肺炎」が首都圏で流行の兆しを見せている。東京などの4都県がまとめた19日から25日までの週の患者報告によると、神奈川県を除き、前週より増加した。東京都は「過去5年平均より高い値で推移している」と指摘。患者報告数が4倍になった千葉県は、これまでの発生状況をまとめて公表するなど、注意喚起に懸命だ。【新井哉】

 マイコプラズマ肺炎は、マイコプラズマを病原体とする呼吸器感染症。重症肺炎となるケースもあり、中耳炎や溶血性貧血、無菌性髄膜炎、脳炎、肝炎を併発することもある。飛沫感染や接触感染などで広がるとされており、最近では2012年に大きな流行があった。

 19日から25日までの週の基幹定点医療機関当たりの患者報告数は、千葉県で前週比4倍の0.89人、東京都で同2.1倍の1.84人、埼玉県で同1.9倍の1.3人。神奈川県はほぼ横ばいの0.91人だった。

 9月から患者の報告が増えつつある千葉県は、12年の流行などを踏まえ、10年から今年10月25日までに報告された991例の発生状況をまとめた。それによると、男女比はほぼ半々。年齢群別では5-9歳が42.5%で最も多く、以下は5歳未満(27.1%)、10-14歳(20.6%)などと続いた。