1. ホーム
  2. 健康ニュース
  3. ≫ マダニ感染症、患者は50代以上 厚労省が症例発表

マダニ感染症、患者は50代以上 厚労省が症例発表

dani2013/03/14 18:17 【共同通信】

 厚生労働省は14日、マダニが媒介するウイルス性感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」について、これまでに国内で確認された患者8人はすべて50代以上だったとする症例まとめを発表した。

 患者は50代が2人、60代が1人、70代が2人、80代が3人と、年配の世代に集中。性別は男性6人、女性2人で、そのうち5人が死亡していた。

 地域別ではすべて西日本からの報告で、長崎県が2人、広島、山口、愛媛、高知、佐賀、宮崎の各県が1人だった。発症時期は4月中旬から11月下旬の春から晩秋にかけての期間だった。