1. ホーム
  2. 健康ニュース
  3. ≫ ワクチン不足や偏在、都道府県が地域間調整-厚労省、製造業者自主回収で

ワクチン不足や偏在、都道府県が地域間調整-厚労省、製造業者自主回収で

 厚生労働省は、北里第一三共ワクチンが製造する「はしか風しん混合生ワクチン」と「はしか生ワクチン」の自主回収を踏まえ、都道府県と保健所設置市、特別区に対し、ワクチンが不足した場合の調整や情報共有といった対応を行うよう通知した。【新井哉】

 2つのワクチンをめぐっては、ワクチンの有効成分の麻しん(はしか)ウイルスが一定の生物学的作用を示す「力価」が、有効期間内に承認規格を下回る可能性があるとして自主回収の措置が取られている。

 一方、厚労省は、予防接種で主に使用されている乾燥弱毒生麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)について、「製造販売業者の出荷計画によれば、全国的なMRワクチンの不足は生じない見込み」と説明している。

 ただ、一部の地域や医療機関では、MRワクチンの偏在などによって供給不足が懸念されていることを挙げ、北里第一三共ワクチン以外の製造販売業者にワクチンの出荷の前倒しや増産といった対応を求めているという。

 こうした状況を踏まえ、通知では、▽一部の医療機関などでワクチンが不足した場合の調整▽特定の医療機関から過剰な発注が認められる場合の情報共有▽地域的な不足や偏在に対する地域間の調整-などの対応を都道府県が行う必要性を挙げている。