1. ホーム
  2. 健康ニュース
  3. ≫ 加藤茶 重病説疑惑を説明

加藤茶 重病説疑惑を説明

 ザ・ドリフターズの加藤茶(72)が11日、TBS系「私の何がイケないの?SP」(月曜・後7時)に妻の綾菜さん(27)と出演。重病説疑惑に対し「パーキンソン症候群」だったと告白した。

【写真】抗がん剤治療を再開したことを明かした今井雅之

 06年に「大動脈解離」で緊急入院したことがある加藤。昨年NHKの番組に出演した際には、ろれつが回らない状態だったため、一部メディアは「重病ではないか」と報道していた。

 加藤は、当時は手足がけいれんするなどひどい状態だったため、綾菜夫人が車で病院に連れて行き入院したと告白。診断結果は、薬の飲み合わせで胃薬の一つが合わず、副作用でパーキンソン病に似たけいれん症状を起こしてしまう「パーキンソン症候群」だったことを明かした。

 献身的な綾菜夫人のサポートのおかげで、今は体調が安定している加藤は、当時について笑いながら「ボケじゃなくて、普通にボケてた」と答えていた。

引用:加藤茶 重病説疑惑を説明