1. ホーム
  2. 健康ニュース
  3. ≫ 大学生37人がノロ感染か 青森・弘前の飲食店

大学生37人がノロ感染か 青森・弘前の飲食店

2013/01/21 19:23 【共同通信】

norov 青森県は21日、弘前市の居酒屋「花よりだんご」で17日夜に食事をした10~20代の大学生の男女37人が下痢や嘔吐などの症状を訴え、うち8人からノロウイルスが検出されたと発表した。いずれも快方に向かっている。

 県によると、37人は同店で提供された鳥鍋やスパゲティなどを食べ、18~19日に発症した。県は同店を21日から5日間の営業停止処分にした。

食中毒:大学生37人、ノロウイルス−−弘前の飲食店 /青森

毎日新聞 2013年01月22日 地方版
 県保健衛生課は21日、弘前市中野1の飲食店「花よりだんご」で食事した大学生37人がノロウイルスによる食中毒にかかったと発表した。全員快方に向かっているという。

 同課によると、17日に同店で食事した大学生3団体77人のうち37人に、18日から19日にかけ下痢や嘔吐(おうと)、発熱などの症状が出た。患者と店の調理従事者の便からノロウイルスが検出されたため、店の食事が原因と断定し、中南地域県民局が21日から5日間、店に営業停止を命じた。ノロウイルスによる食中毒は今年に入って県内で2件目。