1. ホーム
  2. 健康ニュース
  3. ≫ 山中教授、厚労相に支援要請 iPS「臨床研究の段階」

山中教授、厚労相に支援要請 iPS「臨床研究の段階」

2013/01/17 18:12 【共同通信】

ips ノーベル賞を受賞した山中伸弥京都大教授が17日、田村憲久厚生労働相を訪問し、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を用いた再生医療研究について「厚労省の協力が必要な臨床研究の段階に入ってきた」と述べ、より一層の支援を求めた。

 山中教授は「iPS細胞は、薬の開発への期待も大きい」と、新薬開発への重要性も強調。田村氏は「研究はすごいスピードで進んでおり、医療への期待は大きい」と応じた。

 山中教授はその後、山本一太科学技術担当相に会い「わが国の将来を支える科学全体を底上げしてほしい」と要請。山本氏は「オールジャパン体制で国民の幸せや経済活性化につなげたい」と述べた。