1. ホーム
  2. 健康ニュース
  3. ≫ 新たに18件の事故情報 ウイルスプロテクター

新たに18件の事故情報 ウイルスプロテクター

2013/02/22 20:13 【共同通信】

 首に掛けるだけでウイルスなどを除去できる効果をうたった「ウイルスプロテクター」を使用した人がやけどを負う事故が報告されている問題で、消費者庁は22日、新たな事故が18件寄せられたと発表した。

やけどの報告は計24件。

 消費者庁によると、新たに報告されたのは、商品を持って遊んでいて手がただれた乳児や、眠っている間に商品がずれて顔に触れ、やけどを負った子どものケースなど。

 輸入元の「ERA Japan」(愛知県小牧市)が同日、自主回収を始めており、消費者庁は使用中止と、同社への連絡を呼び掛けている。

ウイルスプロテクターを自主回収 輸入元、中国製で70万個販売

2013/02/22 12:03 【共同通信】
 首に掛けるだけでウイルスや菌を除去できる「空間除菌」効果をうたった「ウイルスプロテクター」を使用した人がやけどする事故が発生している問題で、輸入元の「ERA Japan」(愛知県小牧市)が22日、自主回収を同日から始めると明らかにした。

 消費者庁が使用中止を呼び掛けていた。

 同社によると、対象商品は中国製で、金沢市の「ダイトクコーポレーション」が1月中旬から国内で販売した約70万個。千葉県で幼児の胸の皮膚が化学熱傷でただれて重傷を負うなどとの事故情報が消費者庁に寄せられた。

 同社への問い合わせはお客さま相談室、フリーダイヤル(0120)988030。

参考URL
首掛け除菌、やけどで使用中止を ウイルスプロテクターで消費者庁