1. ホーム
  2. 健康ニュース
  3. ≫ 東北大学加齢医学研究所 脳科学研究部門 老年医学分野

東北大学加齢医学研究所 脳科学研究部門 老年医学分野

kareiken

東北大学加齢医学研究所に老年医学を研究する新規の臨床系分野が誕生しました。認知症、嚥下性肺炎、低栄養、アルツハイマー病、肺炎などの呼吸器疾患、骨の健康と栄養医療であろうと考え、これらへの包括的なサービスが提供できるよう専門外来を設けています。

認知症研究のページ

”平成20年1月、加齢医学研究所に老年医学を研究する新規の臨床系分野が誕生しました”

日本の人口構造は、少子高齢化へと大きく変容しつつあります。
高齢者には加齢を背景にした疾病が増加するため、この人口構造の変化は、疾病構造の変化として現れてきます。
即ち、ガンや認知症への医療重要が増すため、その需要に見合った医療供給体制を再構築する必要が生じてきます。
従って、超高齢社会では、
1)病院医療から地域完結型医療へ;
2)治す医療から支える医療へのパラダイムシフトが生じ、それを可能にする老年病専門医のような臓器横断的専門医を養成するために老年医学分野を創生しました。
老年医療は、高齢者とともに生き、高齢者に寄り添うウィズエイジングや老いを受容し老いと賢く付き合うスマートエイジングの実践の場でもあります。