1. ホーム
  2. 健康ニュース
  3. ≫ 熱中症 75歳以上は体内センサー劣化で注意が必要

熱中症 75歳以上は体内センサー劣化で注意が必要

75歳以上の高齢者は熱中症に注意

75歳以上の高齢者は、65−74歳の人に比べ、体内にある温度センサー
の感度が低下し体温が上昇しやすいことを名古屋工業大大学院の
平田晃正准教授らの研究グループが明らかにしました。

名古屋工業大大学院の平田晃正准教授らの研究で「熱中症による
死者数が最大の年齢層にあたる75歳以上の高齢者は一定の気温・
湿度の環境にいた場合、65歳に比べて最大約2倍となる」ことが
わかりました。

「75歳以上になると10年前と比べて体温上昇幅が倍になるので、
自分の感覚に頼り過ぎないで」

「20代から65歳までは長い期間を掛けて体温上昇幅が倍になる
が、65歳から75歳まではたった10年で急激に倍になるので、自分
の感覚に頼り過ぎずに気を付ける必要がある」

と平田准教授が呼びかけています。