1. ホーム
  2. 健康ニュース
  3. ≫ 生活保護受給者、後発薬基本に 厚労省が検討

生活保護受給者、後発薬基本に 厚労省が検討

2013/01/19 18:31 【共同通信】

kusuri3 厚生労働省は19日、生活保護の医療費(医療扶助)を抑制するため、受給者に価格の安いジェネリック医薬品(後発薬)の服用を基本とする方向で検討に入った。特別の理由がなく拒否した場合には、福祉事務所の保健指導の対象にする。

 一方で、現在無料になっている医療費の一部自己負担化については「必要な受診を抑制する恐れがある」として見送る方向だ。

 生活保護費の総額は2012年度当初予算で3兆7千億円。うち医療費は半分近くを占めており、抑制策が課題となっている。

後発医薬品

wikipediaより

後発医薬品(こうはついやくひん、Generic drug)とは、物質特許が切れた医薬品を他の製薬会社が製造或は供給する医薬品である。ジェネリック医薬品とも言われる。特許の対象は、有効成分、製造方法、効能効果、用法用量など多岐にわたる。なお、後発医薬品に対して先発の新薬は先発医薬品と呼ばれる。