1. ホーム
  2. 健康ニュース
  3. ≫ 首掛け除菌、やけどで使用中止を ウイルスプロテクターで消費者庁

首掛け除菌、やけどで使用中止を ウイルスプロテクターで消費者庁

2013/02/19 00:06 【共同通信】

20130219-01 首に掛けるだけでウイルスや菌を除去できる「空間除菌」効果をうたった「ウイルスプロテクター」を使用した人がやけどを負う事故が発生しているとして、消費者庁は18日、直ちに使用を中止することを呼び掛けた。

 消費者庁によると、この商品は中国製で、金沢市の「ダイトクコーポレーション」が1月25日から販売。千葉県で幼児の胸の皮膚が化学熱傷でただれ重傷を負うなど、今月6日以降、6件の事故情報が寄せられた。既に国内で70万個以上、販売されており、厚生労働省が同社に自主回収を指導する予定。

 プレート内の次亜塩素酸ナトリウムが汗に触れると、皮膚に刺激を与えるとみられる。