1. ホーム
  2. 健康ニュース
  3. ≫ 3月上旬から花粉ピーク、環境省 期間長く、昨年より多量

3月上旬から花粉ピーク、環境省 期間長く、昨年より多量

2013/01/25 17:27 【共同通信】

kafun 環境省は25日、今年のスギとヒノキの花粉の飛散量は、地域により3月上旬から4月中旬にかけてピークになるとした最新の予測を発表した。全国的にピーク期間が長く、総飛散量は昨年よりも多くなる。

 ピークは九州、中四国、東海、関東地方で3月上旬から中旬、近畿、北陸地方で3月下旬、東北地方で4月上旬から中旬としている。この前後の10~20日間にかなり多くの量が飛ぶという。

 スギ花粉が飛び始める時期は、関東より西の太平洋岸では2月中旬ごろからで、3月下旬にかけて北上する。