1. ホーム
  2. 健康ニュース
  3. ≫ iPS細胞での毛再生に道 慶応大チーム

iPS細胞での毛再生に道 慶応大チーム

2013/01/23 21:05 【共同通信】

mouhou 慶応大医学部の大山学専任講師(皮膚科学)らの研究チームは23日、人間のiPS細胞を利用し、毛をつくったり支えたりする「毛包」を部分的に再生する実験に成功したと発表した。脱毛症に対する新しい治療の開発に向け、可能性が示せたとしている。

 毛包は毛穴より下にある組織。主にケラチノサイトという皮膚細胞でできた筒の形をしており、底部分に発毛の命令を出す毛乳頭細胞がある。

 チームは人間のiPS細胞をケラチノサイトになる手前まで成長させ、毛乳頭細胞と同じ働きをするマウスの幼若線維芽細胞と混ぜてマウスの皮膚の下に移植。2~3週間後に毛包のような構造や、毛ができたという。