1. ホーム
  2. 健康ニュース
  3. ≫ アマゾン、大衆薬の取り扱い開始 店頭より割安商品も 医療ニュース 幸畑薬局

アマゾン、大衆薬の取り扱い開始 店頭より割安商品も 医療ニュース 幸畑薬局

石綿症状35%が工場との関係確認されず

NHK NEWS WEB

アスベストを取り扱う工場が以前あった地域で、アスベストを吸ったとみられる住民のおよそ35%が、工場との関係が確認されなかったことが環境省の健康調査で分かりました。

 

アマゾン、大衆薬の取り扱い開始 店頭より割安商品も

朝日新聞の医療サイト アピタル

インターネット通販大手のアマゾンジャパン(東京都)が24日、一般用医薬品(大衆薬)の取り扱いを本格的に始めた。ビタミン剤など従来の「第3類」に加え、風邪薬や胃腸薬などの「第2類」に分類されている薬を、自社サイトに出店しているテナント企業が販売している。

 

難病診断、ネットで専門家が助言…来年度にも

2013年9月25日 読売新聞

 難病対策の抜本的な見直しを進めている厚生労働省は、2014年度にも「難病医療支援ネットワーク」(仮称)を設立する方針を固めた。

 症例が少なく診断が難しい難病を対象に、専門家がネット上で医師からの質問に直接回答する。