1. ホーム
  2. 健康ニュース
  3. ≫ MERS流行でアジア慢性期医療学会延期

MERS流行でアジア慢性期医療学会延期

 韓国で中東呼吸器症候群(MERS)の感染が拡大していることを受けて、アジア慢性期医療協会は16日、25日から韓国・釜山で開催を予定していたアジア慢性期医療学会の延期を発表した。【真田悠司】

 MERSは、MERSコロナウイルスによる重症呼吸器感染症で、基礎疾患のある人や高齢者で重症化しやすく、接触者間で限定的なヒト―ヒト感染の可能性もあるとされている。2012年にサウジアラビアやヨルダン、アラブ首長国連邦などのアラビア半島とその周辺を中心に発生が確認され、韓国では、先月11日に輸入症例が報告された。厚生労働省によると、韓国でのMERSの感染者は15日時点で、死者18人を含む計150人。医療機関や自宅などで隔離の対象とされている人は、5216人に上るという。

 これらの状況を踏まえ、アジア慢性期医療協会は、約1年半ぶりに開かれる予定だったアジア慢性期医療学会の延期を決定。開催時期については、現時点では決まっていないという。

■アジア慢性期協会に中国が加盟
 また、アジア慢性期医療協会は、同協会に中国慢性期医療協会が加盟すると発表した。23日に東京都内で加盟調印式が行われる。アジア慢性期医療協会は、11年からアジア諸国の関連機関との交流や情報交換ができる枠組みの構築などを目的に、日本と韓国で活動を続けている。